裁判所の官職

 

 

裁判所

○日本国憲法第七十六条第一項により、すべて司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する。

 

 

最高裁判所

○日本国憲法第七十九条第一項により、最高裁判所は、その長たる裁判官及び法律の定める員数のその他の裁判官でこれを構成する。

○裁判所法第五条第一項により、最高裁判所の裁判官は、その長たる裁判官を最高裁判所長官とし、その他の裁判官を最高裁判所判事とする。

○裁判所法第五条第三項により、最高裁判所判事の員数は、十四人とする。

官名 職名 任命権者 定員 区分 報酬月額
最高裁判所長官 天皇*1 1 特別職 2,010,000円
最高裁判所判事 内閣(*2 14 特別職 1,466,000円

 

 

下級裁判所

○裁判所法第二条第一項により、下級裁判所は、高等裁判所地方裁判所家庭裁判所及び簡易裁判所とする。

○裁判所法第五条第二項により、下級裁判所の裁判官は、高等裁判所の長たる裁判官を高等裁判所長官とし、その他の裁判官を判事、判事補及び簡易裁判所判事とする。

○裁判所法第五条第三項により、下級裁判所の裁判官の員数は、別に法律でこれを定める。

○裁判所職員定員法第一条により、下級裁判所の裁判官の員数は、次の表のとおりとする。

○裁判所法第十五条により、各高等裁判所は、高等裁判所長官及び相応な員数の判事でこれを構成する。

○裁判所法第二十三条により、各地方裁判所は、相応な員数の判事及び判事補でこれを構成する。

○裁判所法第三十一条の二により、各家庭裁判所は、相応な員数の判事及び判事補でこれを構成する。

○裁判所法第三十二条により、各簡易裁判所に相応な員数の簡易裁判所判事を置く。

官名 職名 任命権者 定員 区分 報酬月額
高等裁判所長官 内閣(*3 8 特別職 *4
判事 内閣(*5 2,125 特別職
判事補 内閣(*6 927 特別職
簡易裁判所判事 内閣(*7 806 特別職

 

 

参照法令等

○日本国憲法
○裁判所法
○裁判所職員定員法
○裁判官の報酬等に関する法律
○最高裁判所規則集
○裁判所データブック

 

*1:内閣の指名に基く。国民の審査に付される。

*2:天皇が任免を認証する。国民の審査に付される。

*3:最高裁判所の指名した者の名簿による。天皇が任免を認証する。

*4:○裁判官の報酬等に関する法律別表(第二条関係)を参照せよ。

*5:最高裁判所の指名した者の名簿による。

*6:最高裁判所の指名した者の名簿による。

*7:最高裁判所の指名した者の名簿による。